スポンサーサイト

2016.01.06 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ブレスレットの作り方|制作例

    2010.08.26 Thursday

    0
      最近、糸端処理の方法などのご質問が多いため、今日はブレスレットの作り方ついてご紹介します。

      やまこの自己流ですが、ご参考までに。



      まずご用意いただくものは、



      ボールチップorVカップ

      つぶし玉orビーズ

      Cカンor丸カン

      テグスorビーズコード(完成品の長さの2倍+15cm程度)

      留め具(マンテル・引き輪等お好みで)

      orと表記しているところはどちらでも構いませんが、手前に表記している方がより一般的です。

      Vカップなど

      (今回はVカップ、ビーズ、Cカン、テグスを使用しています)



      上記とは別に、ブレスレットやネックレスに使いたいビーズ

      淡水真珠ホワイトを使用しました)

      ラジオペンチなどの工具・はさみ・手芸用接着剤



      特に決まりはありませんので使いやすい道具をご利用ください。



      まずはテグスに画像のような小さいグラスビーズを通します。

      テグスにグラスビーズ

      テグスのちょうど中心で固結びを2回します。つぶし玉の場合はここで潰してかしめ糸が動かないようにしますが、ビーズを使用した場合は手芸用接着剤などで結び目がほどけないようにしておくと良いです。

      テグス結び目

      できた結び目をVカップで閉じ込めます。

      テグスVカップ

      Vカップをラジオペンチで開き、結び目をはさみます

      Vカップはさみ

      挟んだものをしっかり閉じます

      糸端1

      2本どりでビーズを通します。Vカップと真珠が使用中すれるのが気になる場合は、間にクッションとなるグラスビーズを通すと良いです。

      通し始め

      どんどん通しましょう

      真珠通し中

      十分な長さになったら糸の端を処理します。今回はブレスレットの長さで

      ブレスの長さ

      ビーズにテグスを×印になるように通します。その際にビーズとVカップとの間に隙間ができないようにしっかり引きしめましょう。

      糸端処理中

      そして、最初と同じように固結び2回と接着剤で留めます。結び目を切らないように糸の余りをカットします。

      糸カット

      最初と同じようにVカップで処理し、両端が完成しました。

      糸端2

      Cカンを開きます。

      Cカン

      VカップにCカンを通します。

      Cカンを通す

      通したものに留め具をつなぎます

      Cカンをつなぐ

      もう片方も同じようにつなぎます

      両方処理

      ブレスレットの完成です





      長い記事でしたがお付き合いありがとうございました。

      スポンサーサイト

      2016.01.06 Wednesday

      0
        コメント
         真珠のブレスレットの作り方、丁寧に説明していただいて ありがとうございます♪
        初心者なので すごく参考になります。
        • by アンの手仕事
        • 2010/08/27 9:31 AM
        アンの手仕事 様

        はじめまして、コメントありがとうございます。分かりやすいかどうか不安ながら更新いたしましたので、うれしいお言葉をいただき安心しました。

        今後とも手作りのお役立ち情報、SHOPの入荷情報などをお伝えしていきますので、引き続き
        &beads blogをよろしくお願いします!
        • by &beadsスタッフ
        • 2010/08/27 11:53 AM
        コメントする